IQVIAソリューションズ ジャパン株式会社 Connected Healthcare メインビジュアル

Connected Healthcare

保険者・保険薬局向けソリューション

IQVIAは常に新たな「コネクテッドヘルスケア」を推進し、多くの人が気づいていなかった健康や医療の問題点に解決のきっかけをもたらします。たとえば、これまで顧みられなかったデータに注目することで、新たな使い道が生まれ医療に役立てることができます。これまで数多く関わってきた製薬分野だけではなく、医療に関わるもっと多くの人へ目を向けることで、健康につながるサービスをさらに提供していける、そう私たちは信じて新たな取り組みを続けています。

健康リスクを「見える化」して効果的な対策に導く
『Collabo-Health 25(CH25)』

IQVIAが提供する『Collabo-Health 25(CH25)』は、保険者の健康管理などの保険事業を支援する「データ分析ツール」と「コンサルティングによるソリューション」から成るサービスです。保険者が持つ健康診断データ、診療報酬明細(レセプト)データなどの分析を基に「健康レベルの見える化」を行い、健康リスクと対策結果に合わせた健康PDCAサイクルを促すソリューションを提供しています。

『CH25』は、保険者規模の大小を問わず不可なく導入できるうえ、保険者が自律的にデータ分析評価を行うことが可能となります。保険者の外部にデータを出さず、保険者の利用環境の中でデータ管理ができるため、個人情報保護の観点でも優れています。
なお、厚生労働省が推進する「データヘルス計画」のモデル事業として、この『CH25』を導入した案件が複数選定されています。

Collabo-Health 25(CH25)

これまでなかった経営の基準が生まれます

新たな取り組みとして、私たちは『iPBM 薬局管理支援システム』を開発しました。類似した特徴のある保険薬局をセグメントし、ベンチマークモデルと比較分析することで、保険薬局の経営状況の客観的な把握や課題の識別ができるサービスです。これにより、医療環境の変化に合わせた「経営の効率化」や「精度の高い経営判断」が行えるようになります。

iPBM

iPBM 薬局管理支援システムの基本イメージ

類似した特徴のある薬局群を抽出し、調剤報酬の視点から平均値と比較するベンチマークソリューションです。

iPBM 薬局管理支援システムの基本イメージ